ミノキシジルの副作用|ミノキシジルの副作用が気になる人のための育毛剤情報

ミノキシジルの副作用

頭を抱える男性

「抜け毛が気になるようならミノキシジル配合の育毛剤を使いましょう」と、よく言われます。ミノキシジルは非常に効果が高い育毛成分であり、少し時間はかかりますが(3〜6ヶ月ほど)、根気よく使っていればしっかりと髪を生やし、育てることができます。
しかし一方で、「ミノキシジルには副作用があります」とも、言われることがあります。
育毛成分としての効果を期待して使ってるのに、今のところ副作用ばっかり……という人もいるようです。
では、具体的にはミノキシジルにはどのような副作用があるのでしょうか。

よく知られているのは、「体毛が濃くなってしまう」ということ、それから「頭皮が荒れてしまう」ということです。
腕や胸、スネといった部分の毛が濃くなり、頭皮の新陳代謝が少々活発化しすぎてフケなどがたくさん出てきてしまうということなのです。ミノキシジルの効果が頭皮だけでなくそのほかの皮膚にもあらわれると、腕や胸の毛が濃くなってしまうことがあります。そして、頭皮の血行が促進されて新陳代謝が急に活発になると、古い細胞がどんどんはがれてフケになってしまうのです。

というわけで、ミノキシジルの副作用はほとんどの場合、この成分の育毛作用の反動としてあらわれるものだと考えられます。「何かヘンなものが育毛剤に入っていたのではないか」などと不安に思う必要はありません。
ただし、頭皮が荒れる場合、あまりにもひどいようであればミノキシジルを使うのはやめ、一度病院で診てもらうといいでしょう。